HOME

「探究イノベーターコミュニティ」で一緒に良い社会を作りませんか!

講師:炭谷俊樹

◉「探究イノベーター」とは?

自ら行動を起こし社会をよりよく変えていきたい人たちです。

日本では「人口減少、少子高齢化」を根本とした様々な解決すべき社会的課題が存在しています。また、発展途上国では食糧、教育、医療、防災など基本的レバルの社会的課題も残っています。

一方で、人工知能AI, IoT, ビッグデータなどの最新技術が安く実用化されるなど、技術の発展がめざましく、社会的な問題を解決していくイノベーションの実現性は益々高まっています。

今こそ、自ら社会を変える行動を起こす「探究イノベーター」が求められています。

◉「探究イノベーターコミュニティ」とは?

「探究イノベーター」として活躍したいみなさんが、それぞれ解決したいと願い、取り組んでいる若しくは取り組んでいる課題/テーマを持ち寄り、チームを作って「探究実践」をしていくオンラインの実践の場です。

◉「探究実践」とは?

 課題/テーマを見つけ、課題/テーマに対し自らの強みを知り、磨きながら実践し結果を出して行くことです。具体的には下記を指します。

1、社会課題の発見 

 社会問題でも良いし、企業あるいは個人的な課題/テーマでもかまいません。規模の大きさは問題ではなく「一人でも喜ぶ人がいる」ことが大切です。

 2、自らの強みを発見し磨き続ける 

 専門性と人間力の両面の強みがあることを目指します。独自の強みを発見、創造し、磨き続ける、ここまででよいという終わりはありません。実際にコミュニティでは、課題/テーマを持ち寄ったリーダーを筆頭に、講師、TA、参加者同士がチームを組み切磋琢磨していきます。

3、現場での仮説検証を重視

 出来る限り、実際の仕組みづくりやサービスを行う人からの評価に基づく、作り直しなど、試行錯誤を体験していきます。多くの人へのインタビューはその入口となるでしょう。

ICT技術を使って身近な人の課題を解決することに取り組んだ実際の研究の実例や「探究実践」の海外展開などを紹介しています

◉「探究イノベーターコミュニティ(探究実践講座)」リニューアルのため現在募集をしておりません。次回の募集時期や、講座の内容についてのお問い合わせは、次のフォームをご使用ください。

お問合せ内容

◉TANKYU Innovator Community(探究実践)について
「偏差値型」と言われる目標、課題、正解が与えられ早く正解にたどり着く教育が、日本の成長、革新を引き出せなくなっています。
先進国としてトップレベルになった日本に取って世界に模範、手本となる国や企業がなくなった現在は正解がなくなったと言えます。
「探究型」と言われる目標、課題を自ら設定して新しい解決方法を導く学びと実践を通して正解のない世界をデンマークなど教育先進国と言われる国々の人達は生き抜いています。
この「探究型」の学びと実践は炭谷俊樹先生が神戸情報大学院大学で開いている「TANKYU Practice(社会課題解決の探究実践)」 にて受講することができます。その内容をオンラインでどこでも受けられるようしたのが本講座です。
このほど第6期生の募集を開始しました。問題解決方法をよりイノベーティブにするための手法の実践とファイナンスの検討深掘りのため講義回数を6回とし、オンラインでは日本で初めてブレーンストーミングと強制連想法を取り入れて内容が強化されます。
問題解決方法をよりイノベーティブにするための手法は回数を重ねるほど、優れたアイデアを生み出せると考えられますので、継続受講も十分に価値がある内容となっております。

7月9日から始まる第6期に是非ご参加ください。また、お知り合いにもご紹介いただけると幸いです。質の高いコミィニティを目指していきますので、今後ともよろしくお願いいたします。

お問合せやご質問に関しましては、次のフォームをご使用ください。

お問合せ内容